1. ホーム
  2. 実績
  3. エンタテインメント事業
  4. 文化人・マネジメント
  5. 【乾 眞寛】経営誌『Fole(フォーレ)』の特集に登場しました。

実績

【乾 眞寛】経営誌『Fole(フォーレ)』の特集に登場しました。

  福岡大学スポーツ科学部教授、福岡大学サッカー部監督であり、全日本大学サッカー連盟の常務理事・技術委員長でもある乾眞寛氏が、みずほファイナンシャルグループのシンクタンク、みずほ総合研究所が会員企業向けに毎月発行している経営誌『Fole(フォーレ)』2014年2月号の特集に登場しました。詳細は次の通りです。



○媒体名 : Fole(フォーレ) 2014年2月号 vol.137
○発行部数 : 約25,000部
○読者 : みずほ銀行・みずほコーポレート銀行の主要取引先企業の経営者、マスコミ、大学等
○媒体内容 :
日本がおかれている環境の中・長期の方向性を予想し、現在起こっている現象をタイムリーにとらえつつ、将来の方向性を描き出していく経営誌。社会、文化、教養、科学、経営を網羅し、ビジネスマンの豊かな「オン情報」と「オフ情報」を提案する。
○掲載テーマ : [第1特集]スポーツの名将に聞く 結果を出す社員の育て方


「今いるメンバーで業績を伸ばすにはどうしたらよいか」という企業からの問いかけに、次のポイントに触れながら回答しています。

・組織を一塊で見ず、“個”の集団と捉える。
・長所を認め背中を押し、相手の心に「だったら、やってみよう」という“動き”をつくる。
・モチベーションが湧き上がってきた時こそ高いハードルを設定するチャンス。
・上司は「このメッセージをこのタイミングで部下に伝えた時、心に火はつくのか」ということに思いを巡らせる必要がある。
・上司は「この社員に目をかけると、あの社員が競争心から張り切る」というようなパワーバランスを見抜くことも必要。
・集団を率いる指導者が、個の色を出させた上で最適な組み合わせを考える。
・一人一人の強みを認め、自信をつけさせると自発的に動くようになり、結果的に業績も伸びる。

【乾 眞寛】経営誌『Fole(フォーレ)』の特集に登場しました。